<< July 2017 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

『相手からYes!を引き出すビジネスコミュニケーション』発売!

お待たせしました!『相手からYes!を引き出すビジネスコミュニケーション』
決断力プロデューサー 高島徹先生の新刊が発売となりました!
発売前にビジネスコミュニケーションカテゴリー新着4位にランクインした注目の作品です。

https://www.amazon.co.jp/dp/B0745GBW6S
+++++++
どうすれば、相手と良好な関係を築くことができるか? 
ハートグラムを活用すれば、それが簡単にわかります。

総合順位が6000番台から2899位に上がっています。発売前に快進撃です!
 
 ---以下高島徹先生より----
 仕事を前に進める、とは。
 いろいろな関係者と話し合い、自分の考えを相手に伝え、合意していただくことです。
 その結果として、あなたの意見を受けていただき、協力を引き出したり、商品やサービスを買っていただくことですよね。
 そんな時、あなたはどのようにしていますか?

 あなたの周りにも、「あの人の頼みは、断れないんだよなぁ」というような仕事の頼み方が上手い人はいらっしゃると思います。
 その人は、どのようにして相手の協力を引き出しているか、知りたくはありませんか?

 優秀な成績をおさめる営業マンは、実は売り込みをほとんど行わない、という事実もあります。
「買ってください!買ってください!」とペコペコ頭を下げたり、強引な勧誘をしなくても、立派な営業成績をあげることができるのはなぜでしょう?

 こうした人々に共通しているのは……
 相手との人間関係を良好に保つ秘訣を、実践していることです!
 そうすれば、相手は自ら協力してくれるようになりますし、商品やサービスも購入してくれるのです。
 これは簡単なトレーニングをすれば誰にでも実践できるのですが、現実にはなかなかいらっしゃらないようです。
 この本では、相手の「Yes!」を上手に引き出すコミュニケーションの秘訣と実践方法をお伝えします。

 こちらの無料診断ツールで、あらかじめ自分のパターン診断を行うことをおすすめいたします。

https://www.reservestock.jp/page/fast_answer/3272

JUGEMテーマ:経営

JUGEMテーマ:オススメの本

JUGEMテーマ:本の紹介

JUGEMテーマ:電子書籍

JUGEMテーマ:仕事のこと

 

2017.07.30 Sunday 08:56 | comments(0) | trackbacks(0) | 

伝えたい思いがあるからこそ、出版する

[ Top page ]

「どうやって著者様を集めているの?」というご質問をよくいただきます。

ありがたいことに、毎日のようにご紹介をいただき、お問い合わせやご相談、原稿をいただいています。

信頼できるかたからのご紹介で、お志事(仕える事ではなく志す事)ができるのは、最高ではないでしょうか?

また、夢叶舎はリピーターがとても多く、2冊以上出していらっしゃるかたが、とても多いのです。

毎月、3カ月に一度など、定期的に出版されている著者様もいらっしゃいます。

  

「本を出しませんか? という営業の電話はしないの? よくかかってくるよ。よく聞いたらめちゃ高いから断るんやけど」という声も、著者様からいただきます。

出版社の知り合いは「うちは営業電話かけまくり。ブログとかみて、この人書けそうと思ったら、かたっぱしからかけてる」とおっしゃっていました。

私は、営業の電話をしたことはありません。

お知り合いになっても、最初に自己紹介をしたきり、こちらからは連絡をしないことがほとんどです。

出版は、自分が心の底から伝えたいことがあるのが一番で、出せといわれたから出そうかな? ではうまくいきません。

「適当にまとめてくれる?」というような著者様にも、あまりおすすめできません。

伝えたい思いのある著者様にこそ、出版をしていただきたいと思います。

素敵なご縁に、毎日感謝しています。

 

私は30年編集者をしてきました。

昨年から思いを世界に発信できる出版舎を立ち上げ、すでに40冊以上の本を出しました。

電子書籍の場合、著者に印税70%(アマゾンの手数料以外すべて)を受け取っていただきます。

もちろん紙の本もリスクなく出せます。印税や本の値段は著者様に決めていただきます。

買い取りや売り切れ、絶版のない出版をお伝えしています。 

====================

◆読者と著者の夢を叶える出版舎 夢叶舎 

http://mukusya.xyz/ 

◆私が関わった主な書籍 

http://booklog.jp/users/letters-mami

◆自作自著電子書籍『リピート率99%の仕事術』

http://amzn.to/ZGSJUY

====================

JUGEMテーマ:経営

2017.07.11 Tuesday 12:57 | comments(0) | trackbacks(0) | 

川添英一先生の新刊『絢爛百首』電子と紙書籍で発売!

川添英一先生の新刊、『絢爛百首』が発売になりました。

電子書籍
https://www.amazon.co.jp/dp/B072Y7QVHX/
紙の書籍
https://www.amazon.co.jp/dp/B072ZLXZ9C/
 

内容紹介

川添 英一(かわぞえ えいいち) プロフィール

一九五一(昭和二十六)年二月十日 福岡県上秋月生まれ。
幼少時より父に書を学ぶ。中学校時代に書作品で『中国大使館賞』を受賞。
福岡県立八幡高校、奈良教育大学特設書道科卒。書は漢字を小坂奇石、仮名を谷辺橘南に師事。
大学では乾鍵堂、天石東村、平田華邑、宮崎紫光、梅舒適、田中塊堂、沖六鵬などの教鞭を受けた。森田子龍とも交流。大学在学時から塔(高安国世主宰)に入会、編集。

一九七二年には歌集『夭折』(構造社)刊。七四年には早瀬譲、米田登らといばらき短歌会を創設。現代短歌七十四に参加。永田和宏、池本一郎と共に『塔の第三の新鋭』と紹介される。『坂田博義歌集』(塔発行所)編集。七六年には安宅夏夫、栗木京子らと共に現代歌人集会シンポジウム『わが作歌信条』に参加。七七年、歌集『夜の大樹を』以降、歌壇より決別。京都龍安寺境内塔頭大珠院にて、盛永宗興老師の許、参禅の修行に入る。動く禅といわれる合気道に興味を抱き、北海道網走在住の武田時宗(植芝盛平の師の武田惣角の子息)宗家と交流、八二年より四年間、宗家に内弟子として私淑する傍ら、網走第二中学に赴任、流氷に感動し、北海道の自然に触れる。一時、塔に復帰し八六年には第三二回角川短歌賞候補に(短歌賞は俵万智)。

九八年より手作りの個人誌『流氷記』を刊行。以降六二号まで続いている。その間、阿川弘之、北杜夫、藤本義一、永六輔、森繁久彌、坂村真民、田辺聖子、落合恵子、島田陽子、畑中圭一、三浦光世等の支持を得た。

九九年には写真家津田洋甫写真集『ふゆいろ』に参加。
二〇〇〇年には『わたしの流氷』(菊地慶一編集)に参加。
三年三月二十八日には朝日新聞『折々のうた』(大岡信)に『流氷記』とその歌が紹介される。四年文庫版『流氷記』(新葉館出版)刊。八年に父が亡くなり、父の書作品集『一を貫く』手本集『明月素光を流す』(新葉館出版)刊。
九年には『優美書体』十五書体フォントを刊行、年末に年賀状本の付録などでも使われるようになる。それらをきっかけに歌を筆で書くようになり、六年の五月八日よりフェイスブックに毎日歌を投稿して、投稿の一首目から百首までの百首を『日日百首 壱』(新葉館出版)を刊行。百一首から二百首までの百首を『百日百首』(夢叶舎)(紙の書籍は後に改訂して『新百日百首』として再版)、二百一首から三百首までの百首を『胸躍百首』として刊行した。今号の『絢爛百首』は三百一首から四百首までの百首である。 

フェイスブックで好評なこともあり『胸躍百首』の後、ホンマルラジオやfm GIG(エフエム・ギグ)のインターネットラジオにも出演している。

++++++++++++++++

 今年の二月に奈良の富雄のカフェ「ミルクティー」で個展を開催した。それが終わった三月四日がフェイスブックの歌の投稿の三〇一首目で、この六月十一日までの百首が『絢爛百首』である。三月からこの六月に至るまで、色々な花が次々に開いてきたことでたくさんの花を歌い、中には桜に主眼をおいた十首余の桜シリーズもあり、全体に花と愛をテーマにした絢爛豪華なシリーズになったことで『絢爛百首』と命名した。

 昨年の五月八日から始めたフェイスブックでの歌の投稿は、百首ごとに百首シリーズとして電子書籍と紙の書籍として刊行するようになった。百首シリーズになるのを意識しながらの日々の投稿の中で、作品もどんどん進化していった。歌も歌集『流氷記』など、既に一万首以上のものがあり、それらを日々に配置すればという気持ちもあったが、既出の歌よりも新しく日々作る歌が多くなったし、背景の写真も、実際に撮ったものが多くなり、読者の方が写真を提供してくれるようにもなったりした。たくさんの写真の中から選ぶこともでき、加工ソフトの進化もあって、日々完成度の高い作品を提供できるようになり、今回まさに「絢爛たる」百首を提供できるようになった。

 三月の初めには富雄のカフェ「ミルクティー」の近くで綺麗な梅の花が咲いた。伯母の訃報があって九州の葬儀で弔辞等を済ませた火葬場でも美しい梅の花が咲いていた。その時には今までの歌で桜シリーズを考えていたのと、次々に咲いてくる春の花に翻弄されながら花の歌が続いた。花はその形態を歌うだけではなく、ドラマを内包させながらの味を持たせねばならず、自然と愛をテーマとすることになった。その途中でタイトルを『絢爛百首』と決めてからは、それに合わせるように次々と歌ができて、花が次々に咲き開いていくのと重なっていった。

 二百首台の『胸躍百首』から、紙の本の刊行には、作品の解説の文章等にも、僕の書いた『優美書体フォント』を使用するようになった。その後に、先に刊行した百首台の『百日百首』を『新百日百首』に作り変えて、さらに表紙の七行の紹介文も手書きにした。今号の『絢爛百首』には、歌には投稿時からの固有の番号を振るようにしている。少しずつだが、回を重ねるごとに進化してきている。

 前号の『胸躍百首』から、内容的には花の増えた華やかさと愛をテーマにしたものが増えて、見どころ、読みどころの多い集となっている。歌だけでなく、それを表現するための書や背景にもより完成度を追及してのものになった。この『絢爛百首』も愛していただき、より親しみ楽しんでいただければ嬉しい。

平成二十九年六月吉日
            川 添 英 一

+++++++++
◆私が関わった主な書籍 

http://booklog.jp/users/letters-mami
◆読者と著者の夢を叶える出版舎 夢叶舎 

http://mukusya.xyz/

+++++++++
川添英一先生の新刊『絢爛百首』

JUGEMテーマ:オススメの本

JUGEMテーマ:本の紹介

JUGEMテーマ:小説/詩

JUGEMテーマ:短歌

 

2017.06.26 Monday 11:38 | comments(0) | trackbacks(0) | 

紙芝居が絵本に! 『ひょうたん&かぼちゃの奮戦記』

つじおよしときさんの、紙芝居が、絵本になりました!

電子書籍

https://www.amazon.co.jp/dp/B072K7N4S6/

紙の本

https://www.amazon.co.jp/dp/B071G3X47C

これは、紙芝居を絵本にしたものです。

--------著者の言葉

私(著者のつじおよしとき氏)は、障害をお持ちの方は神様に近い存在だと思っています。

なぜならば、とても純粋な心をお持ちのかたが圧倒的だからです。

障害を持っている人や、身体は健康でも心を病んでいる人に、自信を持って社会で活躍してほしいと、私は心から願っています。

そんな思いから、この紙芝居を作りました。

ひとりひとり違うように、障害があるのも個性なんです。個性には長所と短所が同居しています。

それは、全ての人に当てはまります。   

自分の短所を好きになり認めることが、幸せへの道に繋がると信じています。

絵本を読んでいただき、少しでも元気になっていただければ、嬉しく思います。   

  
---------著者プロフィール           
つじおよしとき 氏

私は、自然摂理に準じて生きることを基本にしています。

素直さも、運に任せる生き方もすべてここに含まれています。広がる・利他・子孫へつなぐ等々、自然は循環とバランスが基準です。

人間は、前向きな人と後ろ向きな人とに分かれます。後ろ向きな人には、少しでも前向きな考えになって、人生を楽しく広げてほしいという思いがあります。

障害を持ちながら、立派に社会貢献しているかたもたくさんいらっしゃいます。

この絵本には、身体の障害に限らず、心の障害を持っているかたも、元気に明るく輝いてほしいという思いを込めました。  

経歴                       
株式会社明和食品会長、大阪狭山商工会元理事、心の談話室編集長

++++++++++++++++++

◆私が関わった主な書籍 http://booklog.jp/users/letters-mami
◆読者と著者の夢を叶える出版舎 夢叶舎 http://mukusya.xyz/

JUGEMテーマ:オススメの本

JUGEMテーマ:本の紹介

JUGEMテーマ:電子書籍

JUGEMテーマ:小説/詩

JUGEMテーマ:育児

JUGEMテーマ:子育て日記

JUGEMテーマ:いじめ

 

2017.06.11 Sunday 11:11 | comments(0) | trackbacks(0) | 

『幸せな未来の作り方 VITACE財団物語』松岡紫鳳先生著 夢叶舎から新刊発売!

夢叶舎から新刊発売です!

「幸せな未来の作り方〜VITACE財団物語」

VITACEグループ代表 氣質鑑定士 松岡紫鳳先生著

----まえがきより----
 この本、「幸せな未来の作り方〜VITACE財団物語」はVITACEグループの将来のビジョンを共有するために書き上げた物語が始まりです。VITACEグループは、一般社団法人日本開運財布協会、一般社団法人氣質診断士協会そして株式会社ルーミンリフォームからなる、女性起業家を支援する団体です。女性が輝いて活躍して稼げて、そしてかっこいい、この4Kを実現するためのビジネスモデルを確立するために設立されました。

 女性起業家として26歳で起業し、結婚や妊娠、出産を経て18年。たくさんの苦労や失敗を重ねてきました。だからこそ、先に挙げた4Kを手に入れたたくさんの女性と、自分史上最高の自分を目指して共に歩みたいと思っています。会社に属するのではなく、チームに属す、自立して豊かで幸福な女性がたくさん誕生したら、日本の子供達の笑顔につながり、日本の男性や社会そのものの豊かさや幸福感を作り出すことに繋がる、そう信じて今も進んでいる途中です。


 私(著者)のこの想いを共有してもらうために、私が目指す将来像=ビジョンを書き上げたのがこのVITACE財団物語のきっかけでした。ですから、ほとんど私の妄想、フィクションだったわけです。しかし数年を経て、少しずつこの物語が現実化していっています。物語化することの力を私も今、まさに感じているところです。ビジョンはひとり一人の心の中に生まれ、それを仲間と共有することで現実化していくのです。ここに描かれた物語を、私たちは必ず実現していきます。

 ぜひ、この物語を手にされた方も、まず自分の心に眠る理想の未来、豊かで幸福な未来を描いてみてください。あなたの人生の主役はあなたです。未来はあなたの心の中にあり、実現されるのを待っていますよ。

◆私が関わった主な書籍 http://booklog.jp/users/letters-mami
◆読者と著者の夢を叶える出版舎 夢叶舎 http://mukusya.xyz/

JUGEMテーマ:本の紹介

JUGEMテーマ:電子書籍

JUGEMテーマ:オススメの本

2017.05.22 Monday 09:42 | comments(0) | trackbacks(0) | 
 | 1 / 113 PAGES | >>
お弁当に! パーティに! ! おいしく簡単ロール寿司キット
私が装丁・イラスト・DTPを全頁担当した本/本文3色、イラスト多数 ■在庫がないとき、中古本の値段が上がっているときは、コチラから定価で買えます。大量注文もコチラからどうぞ。2011年4月第6刷、2012年12月現在第7刷! http://bit.ly/cnDE33

私がレシピ本の企画・編集・DTPを全ページ担当。どんぶり物からメインのおかず、デザートまで、これひとつで作ることができます。冷蔵庫・冷凍庫に入れやすく、2個並べて同時加熱もできるコンパクトサイズ。電気オーブン・電子レンジ・食器洗浄機使用可。カロリーや加熱時間が一目でわかるレシピはたっぷり62ページ。amazonで売り切れているときは楽天から → http://bit.ly/jc7GB1  楽天も売り切れているときはコチラ→http://bookweb.kinokuniya.co.jp/ htm/4860102932.html

私が装丁・DTP・イラスト(図)・編集を全ページ担当。『日経ヘルス3月号』に掲載されたダイエット漢方体操は医師が考えた体操ですが、この先生の著書がこの本です。理論と実践にわかれていて、表からは理論編で図入りのタテ書き、裏表紙からは実践編で写真満載のヨコ書き、と意外なレイアウトになっています。

SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー お弁当に! パーティに! ! おいしく簡単ロール寿司キット
最新刊
Mami Kobayashi

バナーを作成