<< September 2019 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>

電子書籍は3カテゴリーで新着1位となった絵本『ネコアザラシのケアリーうみへいく』紙の本も発売!

絵本『ネコアザラシのケアリーうみへいく』電子書籍発売と同時に3カテゴリーで新着1位!

紙の本も発売となりました!

森に住んでいるネコアザラシのケアリーはお魚が大好き。ある朝ケアリーは大好きなお魚がいっぱいいる海へ行こうと思い立ちます。サンショウウオのぴちやラッコのポックルを誘い天気の良い初夏の森を抜けて海へ向かいます。

何かをしようと思ったとき、もう本当はそれをする準備ができているのかもしれません。だからやりたいと思ったことはとにかくチャレンジしてみよう!そんなメッセージを盛り込んだ絵本です。そして大好きな静岡県伊豆半島の下田の自然をたくさん描いています。ちょっと息抜きしたいなあとお思ったとき読んでみてください、別の世界へ連れて行きます♪

対象年齢:4歳以上(大人も大歓迎!!)

 

■著者について

小さいころから両親の転勤のため、東京、長野県、福岡県と転校続きの幼少期を過ごす。

その中でも一番好きだっ長野県の自然の色が著者の絵のベースカラーになっている。現在は東京都在住。

会社員で働きながらイラストを描いて販売している。

本作は初の絵本出版である。

主役のネコアザラシは著者のイラストの中によく出てきていた眠っているアザラシの絵にいつのまにか耳が生えてその姿を現した。実際にいる動物ではないが、もしかしたらいるかもしれないと著者は思っている。もし海や森で見かけたらそっとしておいてくださいね!

最後に、この絵本ができるまでたくさんの方々の励まし、応援をいただきました。

私の家族、友人、絵を通じて知り合った方々、出版社の夢叶舎さん心から感謝の気持ちを込めて。

 

 

絵本『ネコアザラシのケアリーうみへいく』電子書籍発売と同時に3カテゴリーで新着1位!

紙の本も発売となりました!

 

JUGEMテーマ:絵本紹介

JUGEMテーマ:電子書籍

JUGEMテーマ:オススメの本

JUGEMテーマ:本の紹介

JUGEMテーマ:創作童話

JUGEMテーマ:育児

 

2019.09.13 Friday 17:56 | comments(0) | trackbacks(0) | 

『日本一やさしい新規事業成功の法則 こうすれば、創業や新規事業はうまくいく!』紙本も予約開始

電子書籍が起業家カテゴリーの新着2位にランクインしている

『日本一やさしい新規事業成功の法則 こうすれば、創業や新規事業はうまくいく!』紙の本も予約開始です。

株式会社決断力 高島徹代表著、原案は石黒一先生です。日本一明るい経済新聞の竹原信夫編集長推薦です。

9位、5位、2位と上昇しています。


+++以下は著者のまえがきより+++

 

この本の原案は、2018年末に88歳で他界された石黒 一氏が作成されました。

 

石黒 一氏は多くの起業家を指導し、大企業でも管理職研修を行ってこられました。

まさに、現代の生き字引のような方でした。

 

石黒氏は、お亡くなりになる2週間前まで、現役コンサルタントとして熱心にミニ企業経営者を指導していらっしゃいました。

 

このたび、恩師の遺志を受け継ぎながら、私の知見経験を加えて世に送り出すことにいたしました。わかりやすくお伝えすることを第一としましたので、新規事業が成功するためのエッセンスをつかんでいただきたいのです。

あなたの創業や新規事業を成功に導くことができれば、これにまさる喜びはございません。

 

私の夢は、自分で事業を起こす決断をした方が成功し、日本社会が活力ある社会になることです。

そのための応援を行っています。

 

 

『日本一やさしい新規事業成功の法則-こうすれば、創業や新規事業はうまくいく!』

電子書籍はこちら。 紙の本はこちら。

 

JUGEMテーマ:オススメの本

JUGEMテーマ:本の紹介

JUGEMテーマ:仕事のこと

JUGEMテーマ:電子書籍

JUGEMテーマ:経営

JUGEMテーマ:思想・啓発・哲学

 

2019.09.13 Friday 16:28 | comments(0) | trackbacks(0) | 

『夢を叶え続けた理由-幼稚園の先生とシンガーソングライター 二足のわらじ』発売!

『夢を叶え続けた理由 幼稚園の先生とシンガーソングライター 二足のわらじ』

夢叶舎から電子書籍紙の本で発売! 


著者はシンガーソングライターのaiaiさん。

まえがきより

この本は、私(著者aiaiさん)の人生の第1章である。

第1章とはどういうことか?

生まれてから結婚するまでの、一人の人生の物語。

誰にも真似できないような幸せなできごと。

それとは裏腹に、死んでしまおうと思うくらい辛いできごと。

辛いことはどう乗り越えてきたか?

それは、家族や友達の力だけではなかった。

他に幸せへと導いたモノはなんだったのか。

そのモノを信じ続けた今、どうなったのか。

私の人生で、確実に幸せになれたという決定的な真実。

生まれてから今まで関わってくださった人へ感謝の気持ちを込めて……。

シンガーソングライターと幼稚園教諭の二足のわらじを履いて、愛と笑顔を届け続けるという生き方の私の全てをここに綴る。

 

『夢を叶え続けた理由 幼稚園の先生とシンガーソングライター 二足のわらじ』

夢叶舎から電子書籍紙の本で発売!

 

JUGEMテーマ:オススメの本

JUGEMテーマ:本の紹介

JUGEMテーマ:仕事のこと

JUGEMテーマ:電子書籍

JUGEMテーマ:エッセイ

JUGEMテーマ:思想・啓発・哲学

 

 

2019.09.11 Wednesday 08:56 | comments(0) | trackbacks(0) | 

『轟健 炎のキセキ』野末 睦編 紙の本も予約開始です!

『轟健 炎のキセキ』野末 睦編

電子書籍が発売中です!

紙の本も予約開始しました!(発売予定は8月30日)


 

轟 健 (とどろき たけし)先生は、知る人ぞ知る消化器外科手術の達人であり、術中照射を中心とした放射線療法の知識をがん治療に積極的に取り入れた集学的治療の礎であり、さらには、栄養、Drug Delivery System、自家がん細胞による免疫賦活療法(自家ガンワクチン療法)を基礎科学者と共に開発実行した人です。そして、近づくと火傷しそうな人柄であり、ゆえに多くの人からとことん好かれ、頼りにされました。そしてその激烈な性格が災いし、逆に多くの人から、敬遠されていたことも事実です。

 

そんな先生から2019年初春に、突然電話がかかってきました。「野末君、肝門部胆管がんになったよ。どうも手術はできそうもないから、群馬大学で重粒子線治療を受けることにしたよ。」とのこと。轟先生が大げさではなく命をかけてその治療にあたってきた肝門部胆管がんに自ら罹患するとは……

 

すぐに私はお見舞いに伺い、そして轟先生は群馬大学での重粒子線治療に向かわれました。3月になって、再び轟先生から連絡をいただきました。重粒子線治療は成功したけれど、体調を崩して、筑波記念病院に入院しているとのこと。再度お見舞いに行きましたが、その時は不穏が強く、満足にコミュニケーションが取れませんでした。そんな病気で弱ってしまった姿を拝見するうちに、今までお世話になったことに対して何かお礼をしたいと感じました。後日、轟先生との思い出と感謝を文章にしてお届けしたところ、とても喜んでくださいました。この文章があれば、生きてきた甲斐があるとまでおっしゃっていただきました。

 

そこで、轟先生に関する書籍を発行することにいたしました。轟先生にお世話になった、あるいは轟先生から多くの影響を受けた方々に、寄稿をお願いしたところ、皆さん、積極的に執筆してくださいました。皆さんの原稿を拝読すると、私と同じように、あるいはそれ以上の熱い想いが湧き出てきていることを感じます。轟先生を知る人はもちろん、まだ轟先生という炎の存在に触れていない方も、ぜひ本書を手にされて、その熱さに想いを馳せていただければと思います。

 

奥様である轟洋子さんは、この本の製作過程で、次のような言葉を私に残してくれました。

 

私も国内外の学会のたび(PC発表がなかった時代)論文発表、スライドやポスター発表の準備を手伝わされていたこと、スライドが間に合わないから、写真屋さんに夜の10時に取りに行ってきてくれとか、ポスター発表の肝心のポスターを忘れて、出発時間ギリギリに成田空港まで届けたことなどを思い出しました。

夫の口癖が「俺が死んでも論文は残る、世界中の興味ある人にいつでも読んでもらえる、生きた証が残る」でした。

その言葉に妙に納得しワープロがなかった時代、私は忙しい夫の論文の原稿を清書していました。アルファベット表記のものを判読して書けと言われても、専門用語は分からず、印刷するのだから原稿用紙のマス目が狂ったらはじめから書き直しで、手書きで何枚も清書させられていました。

ある日「洋子 便利なものができたぞー。 間違っても書き直しをしなくてもマス目が自動的に修正されるんだよ」……ということでワープロを購入し、私の清書屋家業は終わりました。

「俺が死んでも論文は残る」このことに時間を費やした人生で良かったと思っています。

 

まさに奥さんと歩んできた壮絶な人生です。それを、ここに書籍として残すことができ、私自身、とても幸せな気持ちに包まれています。轟先生、ありがとうございます。

 

(野末 睦 記)

『轟健 炎のキセキ』野末 睦編

電子書籍が発売中です!

紙の本も予約開始しました!(発売予定は8月30日)

JUGEMテーマ:健康

JUGEMテーマ:本の紹介

JUGEMテーマ:仕事のこと

JUGEMテーマ:電子書籍

JUGEMテーマ:オススメの本

2019.08.26 Monday 22:32 | comments(0) | trackbacks(0) | 

レシピもたっぷりのエッセイ『彩食健美』高木千草さん著 紙本発売!

『彩食健美』高木千草さん著 紙本発売!

電子書籍も発売中です。

+++まえがきより+++

「美」という文字は、大きな羊という形で成り立っています。

 羊とは、古来遊牧民族にとってかけがえのない宝物であり、生贄としても神に捧げられてきた神聖な生き物です。

 美とは見た目や形の麗しさだけではなく、こうした神=大自然の摂理、大宇宙への真摯な向かい合い方と、その姿そのものを現すのかも知れないですね。

私は現在、衣食住のライフコンサルタントとして日々を過ごしていますが、暮らしの中で真の美しさとは何かを求め、実践していきたいと思っています。

50代より60代、さらに70代80代が美しく輝ける様に。

 大宇宙の進行と共に、人は皆成長もし、老いていきます。

 先日私は突然脳出血を診断されて3週間入院し、その後のリハビリは通院して自宅や日々の暮らしの中で行っています。

 普通はリハビリ入院として、そのまま入院して治療を行うのが常ですが、私の場合は日々の暮らしの中でリハビリをする方が向いていると思ったので、家族とも相談して、病院にもお願いして、その形を選択しました。

 体調も実は、血圧以外は全て正常値ど真ん中でした。血圧だけが少し高く、それも50肩の鍼灸治療をすることで、ほぼ正常を保っていました。

 それがちょっとした気のゆるみで、血圧が上がってしまったのです。

 聞けば甲状腺が年齢と共に腫れやすくなっており、分泌が悪くなることで発症する病気なのだそうです。

 身近なことなだけに怖いと思いました。

 やはり日々の暮らしは大切ですね。

 

 喜怒哀楽の日々を、自分なりの色で染め上げ紡いでいきます。

 衣食住いずれも私達にとって、かけがえのない愛おしいもの。

 

 この本では私、睫收藾陲隆兇犬詁常の色や食や暮らしのファンタジーを、つらつらと紡いでいきます。

 この本を読まれた皆様が、御自身の日々の暮らしを改めて見つめなおされた時に、そこにあなた色のあなただけの素晴らしい毎日を、何でもない日常の中に発見されることを夢見て、少しずつではありますが、お話をさせていただきますね。

 

 第一章は「彩」。

 暮らしの中の美しい様々な色について書き連ねていきます。

 一口に赤と言ってもそこには紅、茜、朱、ほんのり金を湛えた赤、銀を湛えた赤、あの日の日の出の色、夕焼けの色など色々ございます。 

薄紅色となりますと、桃、桜、薔薇、など様々に変化します。

その他、大地が育む宝石や宇宙の星々について思いを馳せていきます。

 

 第二章は「食」。

 赤、黄、緑と彩のよい食事は栄養バランスも取れています。

 食材の香りも薬効豊かです。

 そんな、目でも舌でも五感で楽しめる食事のご提案です。

 簡単で美味しい食事のレシピもご紹介します。

 

 第三章「健」は人の自然治癒力を中心に置いた健康のお話。

 中でもハーブについて書いていきます。

 

 第四章「美」は総まとめの意味も含めて、美しい暮らしの発見、美しい言葉、体験などを書き連ねます。

 

 どうぞ忙しい日々のほんのひとときのお時間を、一杯のお茶でもお酒でも飲む心地で私とお過ごしくださいませ。

 

『彩食健美』高木千草さん著 夢叶舎 電子書籍

                  紙本

 

JUGEMテーマ:電子書籍

JUGEMテーマ:エッセイ

JUGEMテーマ:オススメの本

JUGEMテーマ:本の紹介

JUGEMテーマ:健康

 

2019.08.18 Sunday 10:17 | comments(0) | trackbacks(0) | 

ありのままで愛されるキセキ-軌跡を奇跡に変えるメソッド-布川 静 著(表紙デザインも著者)電子書籍で発売!

『ありのままで愛されるキセキ 軌跡を奇跡に変えるメソッド』布川 静 著(表紙デザインも著者)電子書籍で発売!

 

虐待、いじめ、DV、自傷行為、依存症に悩まされ、自殺未遂を何度も繰り返し三十数年暗闇をさまよい続けてきました。

このまま自分をあきらめて生きていく…と思っていた私。

 

 

しかし今は独自の『暗闇を手放しキセキをおこす特殊な方法』を身につけ

世界で一番幸せだと笑顔が絶えない毎日を送っています。

 

本書はこんな私の実体験を元に

「どんな思考を持ち、何を手放し、どのように軌跡を奇跡に変えていったのか」

分かりやすく書いています。

 

 

一度きりしかないあなただけの大切な生命は、ありのまま愛されるべきなのです。

 

 

あなたの軌跡を奇跡に変えて、ありのままで愛される人になってください。

そしてあなたの愛で沢山の人の心へ光を届けてください…

 

 

 

目次

はじめに

第一章  キセキの根源

「限界を知る」

「絆というキセキを更に深めるために」

「子供に最幸のキセキをプレゼントする」

「慣れ合いの朽ち果てた関係」の軌跡を変える

「昭和の古臭い固定概念」は奇跡を起こさない

 

第二章 キセキを起こす〜初級編〜

「子供の可能性を潰す日常」を手放す

「無頓着」を手放す

「親という傲慢さ」を手放す

「危機的状況から逃げる」を手放す

「持家」を手放す

 

第三章 キセキを起こす〜中級編〜

「妄想の当たり前」を手放す

「無知という愚かさ」を手放す

「他人様に命を預ける」を手放す

「呪縛の宗教」を手放す

「想い出にしがみつく」を手放す

「届かない気持ちに執着する」を手放す

「私は関係ない」を手放す

 

第四章 キセキを起こす~上級編〜

「愛のカタチにこだわる」を手放す

「悩んで命を削る」を手放す

「恨みと憎しみ」を手放す

「許さない」を手放す

 

第五章 軌跡を奇跡に変える

「世の中のルールと形にしがみつく」を手放す

「間違い=悪」を手放す

「絶対に手放せない」を手放す

「手放してはいけないもの」

「妄想を手放す最期の日」

 

おわりに

プロフィール

JUGEMテーマ:仕事のこと

JUGEMテーマ:電子書籍

JUGEMテーマ:エッセイ

JUGEMテーマ:オススメの本

JUGEMテーマ:本の紹介

2019.08.06 Tuesday 21:32 | comments(0) | trackbacks(0) | 

『売れる店頭は何が違うのか? 思わず買ってしまう! 集客販売の極意(夢叶舎)』発売前にカテゴリー新着1位!電子書籍予約受付中

8/1に発売となる「売れる店頭は何が違うのか? 思わず買ってしまう! 集客販売の極意 (夢叶舎) 」電子書籍先行予約がスタートしました。発売前にカテゴリー新着1位!

紙の本の発売に先駆けて電子書籍を先に販売致します。

電子書籍は紙の本に比べ価格が安いこと、またPOPなどの成功事例の写真がカラーでわかりやすく掲載されています。

2時間でサクッと読めて、売れる視点が得られ、売れるヒントが浮かびます。

はじめに

 

初めて店頭に立って販売した日のことは、今でもよく覚えています。

 

販売員を派遣する、いわゆる『マネキン派遣会社』を経営していた私はひょんなことから人手が足りなくなり、やむを得ずみずから店頭に立つことになったのですが、そこで大変な経験をします。

 

起業する前の会社では営業で社内トップだったこともあり、内心「単価の安い商品の店頭販売なんて楽勝だろう」と思っていたのですが、いざふたを開けてみると全くダメ。

 

300円のウィンナーが、8時間でたったの5,000円ほどしか売れなかったんです。

 

「どうせ一日だけのことだし」、「アルバイトの人がやるような仕事だから」となめていたところがあったとはいえ、正直すごくショックでした。

 

広告代理店で数十万〜数百万円の商品を売っていた自分がなぜ300円程度のモノが売れないのか?……

いろいろ考えたのですが、そこにはある大きな違いがありました。

 

それは、事前情報のない相手に短時間で買う気のなかったものを売るということでした。

 

法人営業では、たとえ飛び込みであっても行先の看板を見れば、大体相手が何をやっている会社か見当がつきます。そこから、どんなトークを組み立てようか、どんなニーズがあるか、ある程度想定することもできます。また、何度か訪問してチャンスをうかがうことも可能です。

 

しかし、店頭販売では初対面でほとんど情報のない相手に、とっさの判断で対応しなければいけません。おまけに、スーパーや量販店に買い物に来る人は、必ずしも自分が販売している商品を買おうとして来ているわけではありません。

 

そんな相手に瞬時に買う気を起こさせる必要があったんですね。

 

そこで私は、週末にいろいろな店頭に出て商品を販売することにし、他の店舗で販売する派遣スタッフの人たちからも情報を収集することにしました。

 

そして、ある時を境に『消費者心理(ショッパー心理)』がわかるようになりました。そこから販売ノウハウが構築されるようになると、食品だけでなく、日用品、化粧品、家電製品なども売ることができるようになりました。その結果、いくつかの店舗では一日の販売記録を樹立するまでになったのです。

 

また、驚くことにそこで得たノウハウを応用することで、多くの結果が出ました。自社からもカリスマと呼ばれる販売員が育っただけでなく、自作のホームページから年間100社以上の問い合わせをいただける集客ができるようになりました。また、営業せずとも受注が取れ、リピート率98.1%を獲得する広告手法まで生むことができ、一気に会社経営を加速させることも可能になったのです。

 

まさに、店頭さまさま。

「モノを売る原点は店頭にあり!店頭を制する者はすべてを制す」です。

 

数年前は店頭のいち販売員だった私も、今では大手をはじめとする全国の企業研修や東京ビッグサイトなどの会場で数百名を前にセミナー講演をする講師にまでなることができました。

 

 

この本ではそんな私の原点にもなっている店頭販売(販促)の手法をもとに、その裏にある考え方や応用の仕方などを詳しく書いていきたいと思います。

 

どれも明日からすぐに活用できるものばかりですので、よろしければぜひ取り込んでみてくださいね。

 

この本があなたの成功の礎となりますように。

 

 

JUGEMテーマ:電子書籍

JUGEMテーマ:オススメの本

JUGEMテーマ:本の紹介

JUGEMテーマ:経営

JUGEMテーマ:仕事のこと

2019.07.29 Monday 23:03 | comments(0) | trackbacks(0) | 

『子育て「親塾」 子どもを塾に行かせる前にまずは親が学びませんか』 電子書籍発売!

『子育て「親塾」 子どもを塾に行かせる前にまずは親が学びませんか』

電子書籍で発売です。

 

 

 

 

なぜ今「親塾」=親が子育てを学ぶ機会が必要なのか?

それは私たち(親の世代)が受けた教育と、人生100年時代を生きる子どもたちの教育。

同じでいいはずがないからです。

 

 

 漠然と「時代の波」のようなものを感じてはいるけれど、子育てに関して、何をどうしたらいいかわからない。しかし相談する先はない。しかしメディアは様々な情報で子育てに関する不安を煽る。様々な習い事や塾、教材などの情報は溢れていて……。

 

そんな今だからこそ、子どもを塾に行かせる前に、まずは親が学びませんか?

これからの時代に必要なことを。

そして「家庭でできる教育」を。

この本は、家庭での子育てにおいて「何を目指せばよいのか」「何をすればいいのか」「どのようにすればいいのか」を具体的に提案しています。

子育てに様々な不安や心配をお持ちのパパ・ママに、ぜひ読んでいただきたい内容です。

 

『子育て「親塾」 子どもを塾に行かせる前にまずは親が学びませんか』

電子書籍で発売です。

 

 

JUGEMテーマ:育児

JUGEMテーマ:電子書籍

JUGEMテーマ:オススメの本

JUGEMテーマ:本の紹介

JUGEMテーマ:子育て日記

2019.07.21 Sunday 17:56 | comments(0) | trackbacks(0) | 

大好評の大人向け絵本『羊の島のレストラン』紙の本も発売です。

大好評の大人向け絵本『羊の島のレストラン』紙の本も発売です。もちろんお子様への読み聞かせにもどうぞ。

絵本カテゴリー新着1位に輝いた電子書籍はこちらです。

 


こんなにおいしいものはたべたことがない!ほしくさとはおおちがいだ〜・・・春夏秋冬、四つの季節に分かれた村をもつ島を舞台に、新しい友達や美味しい食べ物との出会いの物語。

人間らしさ動物らしさって何だろう。4匹の羊たちは新しい大好きに出会えるのでしょうか?

悩みながらも協力しあって美味しい料理をつくる羊たち。きっとこの本を開くたび大切な人とあったかくて美味しいシチューが食べたくなります。

 

プロフィール

 

作*竹内祥悟

1988年、大阪府生まれ。作業療法士、キャリアコンサルタント。

幼少の頃、当時小学校の教員だった祖母が、児童のタイプに合わせて席替えを行ったり、指導法を工夫したりしていることを知り、人の気質や性格に興味を抱くようになる。大学在学中に、心理カウンセリングオフィスを設立。それ以来、子どもから高齢者まで、さまざまな年代のカウンセリングを経験する。

物語を作ることが好きで、それはカウンセリングの現場でも活かされている。クライアントに自由に絵を描いてもらい、一緒に物語を作ることで内面の理解につなげるワークや、絵本の登場人物の性格やストーリーに着目して自他理解を深めるプログラムなどを実践している。こうした活動を通じて、絵本や芸術が心の発達に与える好影響を痛感。“心のキャリア育成”につながる絵本作りを、子どもから大人まで幅広い年齢層のクライアントとともに進めるようになる。

現在、一般社団法人関西キャリア教育センターで、大阪北浜カウンセリングオフィスの代表を務める。

 

絵*西村知美 

1988年、大阪府生まれ。管理栄養士、ケアマネージャー。

外で遊ぶことよりも部屋で絵を描くことの方が好きな幼少時代を過ごす。幼い頃より食育に興味があり、自身がアレンジした資料作成や栄養指導がしたいという想いから、管理栄養士を志す。精神科病院や老人保健施設で、管理栄養士として勤務。クライアントの状態やニーズに合った栄養管理法を、実践の中で学ぶ。

「より美味しく、より楽しく、その人らしく!」をモットーに、食事の際に、自らが手掛けたイラストをレクリエーション的に取り入れたり、メッセージつきのイラストを個人個人に添えたりと独自のスタイルを研究している。さらには、イベントのイラストの作成を手掛けるなど、その才能は至るところで発揮されている。

もともと絵本制作に興味があり、『羊の島のレストラン』では、初めて作画を担当した。この経験を通じて、絵を描く楽しみを改めて実感する。子どもから高齢者まで、多くの人に絵本の魅力を伝えるための活動を日々模索している。

 

JUGEMテーマ:オススメの本

JUGEMテーマ:絵本紹介

JUGEMテーマ:本の紹介

JUGEMテーマ:小説/詩

JUGEMテーマ:電子書籍

JUGEMテーマ:仕事のこと

JUGEMテーマ:育児

 

 

2019.07.07 Sunday 07:18 | comments(0) | trackbacks(0) | 

『会社再生-姉からの手紙』2カテゴリーでいきなり新着1位!(リーダーシップとメンタリング・コーチングカテゴリー)

『会社再生-姉からの手紙』大元相著 電子書籍で発売です。

『会社再生-姉からの手紙』

リーダーシップとメンタリング・コーチングカテゴリーで新着1位になりました!

経営コンサルタントの大元相さんによる、小説風のビジネス書です。おもしろく読めて、学べるノウハウもたくさんあります。

『経営者(あなた)は未だ眠りの中に』というタイトルで2008年にカナリア書房から発売された本と同じ内容です。

 

タイトル案と表紙デザインを担当させていただきました。

 

経営者よ、覚醒せよ!「なぜ、業績が停滞したままなのか?」「なぜ、社員は会社を愛せないのか?」その答えは経営者自身に隠されている。悩める弟に、姉からの厳しくも愛情のこもったメッセージの数々。起業を目指す方、二代目経営者は必見の組織再生ストーリー。

 

著者略歴 (「BOOK著者紹介情報」より)

大元/相

1960年、大阪府堺市生まれ。早稲田大学政治経済学部卒。大学卒業後、大手広告代理店入社。CMプロデューサー、メディアディレクターを経て、2003年、中小企業診断士取得。2004年、(有)P.S.コンサルティング設立。専門は経営戦略、経営改善、売上拡大、マーケティング戦略、広告展開指導、営業強化など。現在数多くの企業のコンサルティングと同時に企業研修の講師としても活動(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

 

++++++++本文より抜粋++++++++++++

拝啓「未だ眠りの中に」

 

「なぜ、あなたの会社は業績が上がらないのだろう……」

今朝、鏡を見ながら、あなたの会社のことを考えていました。

 

昨日、あなたからいただいた手紙、夕食の後さっそく拝読いたしました。あなたは昔から苦しいことがあると、姉である私によく相談をしてくれましたね。お母さんに怒られたこと、受験で悩んだこと、お父さんとけんかしたこと。社会人になるときには、お父さんの会社に入るか、それとも全く別の道を行くか。あなたが相当悩んでいたことを覚えています。最初は別の会社に入社したけれど、お母さんが亡くなったせいもあって、結局はお父さんの会社に入った。そのときも相当お父さんとやりあったそうですね。

 

「最初に俺の会社を蹴ったくせに、どうして今頃になって入りたいって言うのだ」と。

 

あなたがお父さんの会社に入って、お父さんはとても喜んでいるのではないでしょうか?頑固なお父さんだから、正直に言えなかったのだと思います。子を持つ親として、今になって漸くお父さんとお母さんの気持ちが少しはわかるようになったつもりです。

 

些細なことでお父さんとケンカして家を出て、もう15年以上になります。以来家に帰っていないのを申し訳なく思っております。あなたからはたまに連絡をいただいても、なかなか時間が合わず、お会いできないことも真に申し訳なく思っています。報せてくれたお母さんのお葬式でも、お父さんとは話しませんでした。というより、お父さんの姿を見て、私が声を掛けられなかったというのが本音です。あれほどまでに憔悴していたお父さんを私は目にしたことがなかったからです。お父さんはいつも家の中では狹傾牒瓩任靴拭C砲任△襪△覆燭盡靴靴お父さんに言われていましたが、同じぐらい、いやそれ以上に、女で姉である私は厳しく言われたものです。家を出てからもお母さんとは時々連絡を取っていましたが、お父さんのことで話したことはありません。お父さんの話題が出ると、私が生返事をするので、すぐに話が終わってしまうのです。お母さんは寂しそうでしたが……そんな私ですが、今ではあなたが、お父さんの会社をうまく承継して、会社が大きくなることを願って止みません。私を育ててくれた会社だからです。お父さんとお母さんの会社だからです。母さんが亡くなった後、お父さんは別人のようになったとあなたは書いていました。魂が抜けたようだと。そんなお父さんと会社を助けるために、あなたは社長を承継したのではなかったでしょうか。

 

会社の業績が全く上がらない。いくら自分が頑張っても周りの人間はついてこない。お客からのクレームがつけば、社員同士の責任の押し付け合いをする。そして、クレームをいれてくれたお客様の対応もほったらかし。集まれば社内の人の悪口ばかりを言い合っている。

「あ〜あ、こんな会社つぶれてしまえ」とまで言う人も出てくる。

これがあなたの会社の現状のようです。会社がどうしてこのようになったのか、その理由をあなたは、詳細には書かれておりません。幾つかの事象は書かれてありましたが、全体を伺うには、情報としては少なすぎます。ですので、文面と行間から、あなたの会社の状況を私なりに推測しようと思います。推測をして、私なりに、あなたの会社がどうすればよくなるのか、方法をお知らせしようと思います。私が伝えるアドバイスでは業務の内容や置かれている状況が違うので、一概には当て嵌まらない、とあなたは言うかもしれません。でも、それは違う、と聡明なあなたは、きっと気づくはずです。

 

企業の業績が上がるか上がらないか、の原因は、結局は人の問題、に帰結するからです。

 

 業績向上の問題は、どこの会社も抱える一様的な問題なのです。

 

あなたの会社と同じく、私が勤めるAIDAも数年前は倒産寸前まで追い込まれた会社でした。しかし今は、社内の雰囲気もよく、業績も伸びていて、お客様も増えています。海外にも進出しようかという状況です。どうしてAIDAが復活したのか。AIDAの例を参考にあなたにお伝えします。繰り返しますが、企業の業績が上がるか上がらないかは人の問題で一様的なのです。

 

私の勤める会社のAIDAは生活雑貨用品を製造して販売している会社です。社員は1

00名ほどの中小企業です。私がAIDAに勤めてもう15年ほどになります。

 

「橋本君、これコピー5部」

 

 2代目社長の相田明憲です。社長が左手で書類に目を通しながら、右手で紙を突き出しています。午後2時からの会議で使う資料です。AIDAは新しい事業で自社の商品の生産を海外で行う計画しています。その重要な会議が今日の2時からあるのです。若手の役員を含めて5人の役員会です。私は書類を受け取り、帳合をかけてコピーをし、社長に渡しました。

 

「ありがとう」

社長は一言残して、慌しく部屋を出ていかれました。

 

「三木社長、ありがとうございました」

 社員の木原君の声が大きく聞こえました。社内で今、最も乗っている5年目の営業マンです。机に頭がつくほどに電話の向こうの三木社長にお礼を言っています。

受話器を置いて、捲り上げていたワイシャツの袖を下ろし始めました。

 

「一昨日のプレゼン、決まった」

右手には力強く拳が握られています。

「よかったね。おめでとう」

隣の先輩の女子社員が、パソコンを打つ手を止めて木原君を讃えています。

 

「三木社長のところへお礼に行ってきます」

「今、電話であんなにお礼を言ったじゃない」

「電話でお礼は言いましたけれど、実際に顔を見てお礼を言いたいのです」

 当然な風に木原君は答えました。

 

「行ってきます」

 上着に袖を通し、特急列車がホームを過ぎ去るかのごとく、弾むように出て行きました。

 

 彼も数年前までは、不平不満ばかり言っていました。以前の渾名が猊塰溜まりの木原瓠2饉劼紡个垢詆塰がいつも腹の中にあるようで、口を開けば、会社に対する不満ばかり。飲み会などでは決まって彼の不満が出てくるので、一緒にいた全員が白けた気分になったものです。

 

 あっ、コピー用紙の紙の残量の表示が光りだしました。棚をみれば代えのコピー用紙の在庫が積まれています。その一つを取り出し、カセットにいれます。こんな当たり前のことも以前のAIDAでは考えられませんでした。コピー用紙の在庫はいつもありませんでした。私は気づいてコピー用紙を発注していたのですが、いつも気が付いていたわけではありません。用紙がきれていた状態を社員が何日も放って置くこともしばしばありました。ある人が、運悪く、用紙が切れた時に遭遇し、腹を立て、コピー機の扉を思いっきり蹴り上げました。扉の板が大きくへこみ、掃除のおばさんの報告があるまで、そのままだったこともありました。社員の殆どがお互いに配慮などしなかったのです。AIDAはそんな会社でした。

 

普通の会社ではできていて当然のことが、AIDAではできていませんでした。

 

現社長の相田明憲は東京の私立大学の政治経済学部を卒業されて、5年ほど外の会社で働いた後、AIDAに入社されました。47歳。世間一般でいうところの働き盛りの年代です。清潔感あふれ、自信に満ちた柔らかな物腰をしています。明憲社長は入社した当時、相当にわがままでした。2日に1日は遅刻をする。経費の使い方も荒い。幹部の人々も社長の子供ということで、誰も文句を言うものはいなく、見て見ぬふりです。同僚とのコミュニケーションも殆どなし。自分のやりたいことをやりたいようにして、何日も社内では話をしないことがありました。このような様子なので、明憲氏がどのように仕事をしているのか、周囲の人は全く判りません。社内会議のときも部内ミーティングの時も、発言をしたことがありません。上司から意見を聞かれても、発言を促されても黙っているのです。ただ、政彦社長にはたまに報告をしていたそうですが。これも後でわかったことです。

 

3年前の春の終わりごろ、先代の社長の政彦氏が突然に倒れたのです。そして急遽、副社長の明憲氏が政彦社長の後を継いだのです。

 

 

JUGEMテーマ:オススメの本

JUGEMテーマ:本の紹介

JUGEMテーマ:経営

JUGEMテーマ:創作童話

JUGEMテーマ:電子書籍

2019.06.26 Wednesday 15:46 | comments(0) | trackbacks(0) | 
 | 1 / 31 PAGES | >>
お弁当に! パーティに! ! おいしく簡単ロール寿司キット
私が装丁・イラスト・DTPを全頁担当した本/本文3色、イラスト多数 ■在庫がないとき、中古本の値段が上がっているときは、コチラから定価で買えます。大量注文もコチラからどうぞ。2011年4月第6刷、2012年12月現在第7刷! http://bit.ly/cnDE33

私がレシピ本の企画・編集・DTPを全ページ担当。どんぶり物からメインのおかず、デザートまで、これひとつで作ることができます。冷蔵庫・冷凍庫に入れやすく、2個並べて同時加熱もできるコンパクトサイズ。電気オーブン・電子レンジ・食器洗浄機使用可。カロリーや加熱時間が一目でわかるレシピはたっぷり62ページ。amazonで売り切れているときは楽天から → http://bit.ly/jc7GB1  楽天も売り切れているときはコチラ→http://bookweb.kinokuniya.co.jp/ htm/4860102932.html

私が装丁・DTP・イラスト(図)・編集を全ページ担当。『日経ヘルス3月号』に掲載されたダイエット漢方体操は医師が考えた体操ですが、この先生の著書がこの本です。理論と実践にわかれていて、表からは理論編で図入りのタテ書き、裏表紙からは実践編で写真満載のヨコ書き、と意外なレイアウトになっています。

SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー お弁当に! パーティに! ! おいしく簡単ロール寿司キット
最新刊
Mami Kobayashi

バナーを作成