<< July 2020 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>

詩集『つづれおり』電子書籍発売! 本文はもちろん、表紙のデザインも作家の丸昨 今氏のご希望どおりに仕上げました。

詩集『つづれおり』電子書籍発売! 本文はもちろん、表紙のデザインも作家の丸昨 今氏のご希望どおりに仕上げました。


 

 

◆はじまり

 

私は、秋の季節に誕生日を迎えることもあって

秋に、なんとなく思い入れがあります。

最近は、暑い日がずっと続いたと思うと、急にひんやりしたりで、

秋らしい秋を感じられる日も少なくなってきました。

が、冬になって、春が来て、夏、そしてまた秋

その時どきの 美しい瞬間は やっぱり あるものですね。

 

時はあっという間に過ぎ、時代もどんどん変わっていきます。

その瞬間瞬間、楽しかったこと、喜び、哀しかったこと、辛かったこと……

ああすればよかった、とか、何でこうしなかったのだろう、という後悔

様々な思いをかかえながら、あわただしい時間を過ごすなかで、

ふっと それらが思い起こされたり、よみがえってきたりして

今の自分を、とらえて離さないこともあります。

 

いい思い出だと、思い出していて、懐かしい感情がこみ上げてきたり、

心があたたかくなったりしますが、苦い思い出、後悔、辛かったときのこと

それらは、やはり今でもしっかりと爪あとのように残っていて、

でもそれらは、確かに起こったことだし、今も、自分のなかで

しっかりと息づいている「ほんとうのこと」なのかもしれません。

 

時は過ぎ、時代は変わっても、古びないで、

今も自分のなかで、生きている――

そんな何かを、この詩集をめくりながら、

日々のなかで、ふっと思い起こしていただけたら、

とても、幸いです。

 

 

丸昨 今

 

 

◆著者プロフィール  

 

丸昨 今 Kon Marusaku

 

東京生まれ、下町育ち。高校の先輩に立原道造、掘 辰雄がいることを知り、詩を書き始める。大学ではロシア文学を専攻。第一詩集『雨のまち』(沖積舎)、第二詩集『Metamorphose1996』(hyperhyper)を発表。ロンドンの知的障害者施設で住み込みケアスタッフに従事、帰国後は東京で会社に勤務。荒井由実、フランソワーズ・アルディの作品のような女性の晴れやかな抒情性を描いてみたいと思い、キャロル・キングの名盤『つづれおり』にインスパイアされ書き始めた詩たちを今回はまとめています。

JUGEMテーマ:小説/詩

JUGEMテーマ:本の紹介

JUGEMテーマ:電子書籍

JUGEMテーマ:仕事のこと

JUGEMテーマ:オススメの本

JUGEMテーマ:思想・啓発・哲学

JUGEMテーマ:エッセイ

 

2020.07.02 Thursday 07:54 | comments(0) | - | 

『セレナーデ』 得津美惠子(著)紙の本発売!

 

恋愛小説シリーズ『セレナーデ』得津美惠子 (著) 紙の本発売!

『セレナーデ: キャビンアテンダント陽子 永遠(とわ)の愛』電子書籍はこちらです。

 


 

著者プロフィール

 

 元日本航空国際線 キャビンアテンダント

 オフィスSAKURA 主宰

 マナーコンサルタント

 第10回キリンファミリー賞 エッセイ佳作

 第103回コスモス文学新人賞 長編小説部門奨励賞

 和歌山中央ライオンズクラブ誌「てまり」エッセイ連載(1996〜2003年)

 ニュース和歌山 小説「愁歌」連載(2007〜2008年)

 南紀州熊野新聞 小説「波の向こうに」他エッセイ連載(2007年)

 和歌山新報 小説「波の向こうに」連載(2007年)

 小説出版『春のうねり』『織部千春が消えた日』 

 

++++++++以下本文冒頭より一部抜粋

 高木陽子は短大卒業と同時に、旅行代理店ワールドトラベルに入社した。

 東京本社で二週間の新入社員研修後に、陽子は和歌山支店に配属が決まり、カウンター業務の一員として、終業後はチーフの増本和子から個別指導を受けた。

 ようやく一人でカウンター業務をこなせるようになった時、入社から半年が経過していた。

「いらっしゃいませ」

 昼下がり、昼食を終えた会社員や官公庁の職員がカウンターに訪れる時間帯だったが、そろいのジーンズ姿の若いカップルが陽子の前に座った。

「新婚旅行でハワイに行きたいんで」

「かしこまりました。ハワイですと私どものセット旅行で6日間スイートハワイ・ハネムーンコースがございます。現地では私どもの現地スタッフがお世話いたします。またオプショナルツアーという現地参加の小旅行も用意されておりますので、新婚旅行のお客様に好評です」

「私達、初めての海外旅行で何もわからないから、いろいろ全部組んだのない?」

 男性に肩をよりかかりながら陽子の話を聞いていた童顔の女性が言った。

「僕達、全く英語が喋れないから」

と男性は言葉を足した。

「それでしたら、ハワイ7日間デラックスコースはいかがでしょうか? ハネムーンコースは新婚さんを対象にしていますが、このコースは新婚旅行に限らず色々な方が参加され、また面白味も増えると思います。言葉は、現地スタッフもおりますから安心してください」

「そんなら、そっちの方が楽しそうやわ」

 女性が賛同すると、

「君がいいと思う方にしたらいいよ。高木さん、よろしくお願いします」

 男性が隣の女性に頷いてから、陽子に告げた。

 新婚旅行の主導権は、女性が握っていることが多く男性よりも女性の希望が優先される。

 陽子は、二人に渡航手続き書類と旅行の内容を説明した後、一人二万円の申込金を受け取った。

「ありがとうございました」

 カウンターを挟んで、陽子は立ち上がってカップルに深くおじぎをした後、二人が店内を出ていくまでその場で見送った。

 

「陽子ちゃん、電話よ」

 陽子は後ろから肩をたたかれた。

「内線五番を取って」

「はい、ありがとうございます」

 陽子が手元の電話を取って内線五番を押した。

「お待たせしました。高木でございます」

「陽子、私よ」

 高音の明るい声が飛び込んできて、電話の相手が短大からの友人の真智だとすぐにわかった。

「今着いたところなの。携帯電話は仕事中だから切っていると思って会社にしたのよ。ごめんね」

「大丈夫よ。早かったね。真智、申し訳ないけど退社まで時間があるので私の家に一人で行ってくれない?」

「おばさんは知っているから問題ないけど、陽子が仕事を終えるのは何時頃?」

「今日は早出だったから四時には退社できるけど、まだ三時間ほどあるわ。退屈でしょう」

「コインロッカーに荷物を預けて、和歌山城を散策してくるわ。時間は気にしないでね」

 真智は、朗らかに言った。

 陽子は真智に待ち合わせ場所を告げてから、早々に電話を切ると、連日の忙しさに約束をした友人の来訪を忘れてしまっていたことに苦笑した。

 

 陽子が少し遅れて待ち合わせの喫茶店に到着すると、真智は窓辺に座り外を眺めていた。

「ごめん。待たせちゃったね」

 陽子が詫びながら向かい側の席に着いた。

「陽子、見違えちゃったわ。大人っぽくなったね」

「そんなことないよ。真智こそ何だか幸せオーラに包まれているわ。さては……」

「わかる?」

 と満面の笑顔を返した。

 ウエイトレスが注文を聞き終わり、その場から離れるのを待っていたかのように、真智は残ったコーヒーを飲み干した。

 小杉真智とは短大時代に大阪の寮で二年間ともに過ごした。

 陽子には数少ない友人の一人であった。

 真智は卒業すると就職も決まらないまま郷里の仙台に帰った。陽子は便りが来ないことを気にしながらも、就職した彼女は新入社員に課せられるメニューを消化するために、多忙な日々を過ごしていた。

 陽子が真智に連絡するのを一日延ばしにしていたところ、一昨日、久しぶりに電話をかけると、会いに行くという思いがけない返事が返ってきた。

 陽子が運ばれて来たコーヒーに口をつける前に、真智は身を乗り出し話し始めた。

「仙台に戻った時に、運よく日本国際航空の仙台乗員訓練所の事務職員採用試験があったの。受けてみたら合格したのよ。もっと早く連絡しようと思ったけど、こっちも覚えることが多くて、今日になってしまったの」

 真智は、氷の入った水のグラスに口をつけた。

「良かったね。でも航空会社に就職できるなんてすごいね」

「うん、ラッキーだったわ。ところで陽子は恋人いるの」

「そんなのいる訳ないじゃない。もっか仕事に追われているだけ。エッ、まさか」

「アハハ、そのまさかなの」

「結婚するの?」

「そこまで行ってないけど。私は結婚したいと思ってる」

 もう一度グラスの水を飲んだ真智の顔がピンク色に染まっていた。

「さては、その彼氏の話をしたくて和歌山まで来たの?」

「まぁーね。でも陽子の顔を見たかったのは本当よ」

「いいよ。聞いてあげるから」

 真智は航空会社の職員の特権を生かして無料航空券で関西空港に到着してから、リムジンバスで和歌山に来た。

「さてさて、真智が好きになった彼の身上調査をしましょうか」

 陽子は嬉々としている真智を羨ましく思いながらも、いつか自分に恋人ができた時は真っ先に彼女に話したいと思った

「疋田俊介さんというの。二十八歳。写真見たい?」

 真智はバッグから携帯電話を取り出し写真を開いてテーブルの上に置いた。

「まだ訓練生なの」

 真智は写真をスクロールさせながら言った。

 端正な顔立ちをした制服姿の疋田の写真に、陽子は見入ってしまった。

「素敵な人ね」

 陽子の素直な感想だった。

「うん、優しい人なの」

「優しそうだわ」

 二人は目を合わせて頷いた。

「彼ね、驚いたことにフルートが上手なの。陽子もフルートが得意だったでしょう」

「フルートの音色が好きなだけで、得意じゃないよ」

「短大時代に寮でよく吹いてくれたじゃないの」

「寮母さんが『庭の千草』をリクエストしてくれたからね。最近、フルートを吹くことも忘れていたわ」

「彼ね、今年の夏に海岸でフルートを吹いて聞かせてくれたの」

「羨ましい限りで。私は来る日も来る日も残業の毎日。気が付いた時には夏が終わっていたわ」

「お気の毒さま」

 真智は満面の笑みを浮かべてから、まだ話すことがたくさんある、と言わんばかりに言葉を続けた。

 

『セレナーデ』得津美惠子 (著) 紙の本

『セレナーデ: キャビンアテンダント陽子 永遠(とわ)の愛』電子書籍

JUGEMテーマ:小説/詩

JUGEMテーマ:本の紹介

JUGEMテーマ:オススメの本

JUGEMテーマ:仕事のこと

JUGEMテーマ:電子書籍

 

2020.06.07 Sunday 21:55 | comments(0) | - | 

『あなたにも続けられる糖質制限』著者は管理栄養士、2人の医師の監修つき 紙の本発売!

『あなたにも続けられる糖質制限』

メディカルダイエットカウンセラースクール代表 管理栄養士 高野富久美 著  

紙の本は本日発売です!

すでに発売中の電子書籍はこちら。

 

序章「糖尿病は必ず良くなる」

 

 大阪・奈良・名古屋・東京・大分・博多・鳥取・愛媛〜今日も全国各地でメディカルダイエットカウンセラースクールがズーム開催されています。新型コロナウイルスの影響でセミナー会場でのスクール参加が厳しかった中でも、ご自宅で食の真実を学び実践、健康で過ごすことを願う方が増えているのは喜ばしいことです。免疫力を高め、新型コロナウイルスに負けない強い身体や心を養うにはまず『食事』が大切です。この本を通じてご自分やご家族の食の在り方を見直していただくきっかけになれば幸いです。

 

 私は管理栄養士として医療機関に勤めておりましたが、現在はメディカルダイエットカウンセラースクール講師として全国の皆様に病気になる前の予防の食事を普及する活動を行っております。以前勤務していた病院に来られる患者様は感染症の方は少なく生活習慣病の中でも糖尿病の方が大半でした。

 

 私は『総カロリー制限とバランスの良い食事』という糖尿病の一般的な食事療法にて食事相談をさせていただいており、それに併せて運動療法や投薬・インスリン投与といった薬剤治療も行っていました。たとえ糖尿病の合併症を遅らせることはできても、残念ながら人工透析を余儀なくされたり、失明や下肢切断に至られたりという患者様が後を絶ちませんでした。

 

 現在でも新たに人工透析治療を始められる患者様が全国で年間3万人以上。そのうちの約半数が糖尿病性腎症によるものと言われています。インスリンが絶対的な救世主であるならば、このような状況に陥っていないはずです。ちなみに私が勤務していた病院は腎臓移植において我が国有数の実績を有し、患者様が全国から来院されるほど。それでも、糖尿病で腎臓を壊され腎臓を移植したにも関わらず糖尿病を克服できずに腎不全を再発し、透析生活に戻るという悲劇に見舞われた患者様の姿を、私は大勢見てきました。どうしたら糖尿病を抑え込むことができるのか? と思い悩んでいた時、泌尿器科の万波誠先生から『糖質制限療法(食)』の話をお伺いしたのです。血糖値を上げなければ糖尿病は抑え込める。血糖値を上げる唯一の栄養素は『糖質』なのだから『糖質』を摂らなければ血糖値は上がらない。考えてみれば実にシンプルで当たり前の話です。食事は炭水化物(糖質+食物繊維)60%・たんぱく質20%・脂質20%の三大栄養素をバランス良く摂ることが基本と教えられて管理栄養士になった私にとって、『糖質制限食』の話は実に衝撃的でした。

 

 まだ世の中で糖質制限食が認知されていない時期で、エビデンスもなく、当時は集団給食で糖質制限食を積極的に行っている病院もなく、まして腎臓移植後すぐの患者様に糖質制限食を提供して果たして良いものか? 万波誠先生とはかなりのバトルを行ってきたことは、今でも鮮明に思い出されます。しかし万波誠先生は「患者を救う道は『糖質制限食』しかない。腎臓移植後に徹底して糖質を絶たないと移植した腎臓が長持ちをしない。糖尿病を克服しない限り本当の意味で患者を助けることはできない。」と何度も繰り返し言われる信念に後押しされて、本格的に『糖質制限食』の研究と実施を始めたのが今から15年前のこと。

 

 以来数多くの患者様に『糖質制限食』を実施していただき、私自身も驚くほどの成果を挙げてきました。腎臓病で入院する全国の患者様から「腎臓を治してもらおうと思っていたら、糖尿病まで良くなった。」「食事療法だけで長年打っていたインスリン注射を止めても血糖値が正常になって夢のよう。」などの喜びの声をいただくようになりました。また糖尿病で苦しんでいる一人でも多くの患者様にこの食事療法を伝えてほしいとのご意見も多数いただきました。そのような声にお応えするため、病院を退職後は一般の皆様に糖質制限食を取り入れた食事療法を伝える活動を始めて4年目になります。そんな折、新型コロナウイルスの感染拡大に震え上がる今日、自分や家族の健康を守るためにどのような食事をすればいいのか? 予防=食事がキーワードになるのではないかと痛感しております。コンビニ食品や外食のみでは生活習慣病や感染症の予防ができないこと、家庭での『糖質制限食』がいかに重要かをこの機会に学んでいただけると幸いです。

 

 

 

 

目次

序章「糖尿病は必ず良くなる」

第一章糖尿病の始まり

  糖中毒に侵されている

  糖質の過剰摂取の弊害

  インスリンの作用

  血糖値スパイク その一

  血糖値スパイク その二

  糖尿病の投薬治療を早まらないで

 

第二章身体に必要な栄養素

  糖質は必須栄養素なのか?

  卵や肉は悪役?それとも味方?

  一日に必要なタンパク質の量について

  脂質(油)の真実

  脂質が主なるエネルギー源

  ケトン体臭は気にしない

 

第三章伝えたい想い

  糖尿病で苦しんだ方のメッセージ

 《70歳で生まれ変わり人生の再スタート》

 《医療従事者で腎移植後は自己管理》

 《私の失敗を伝えていきたい》

 《大豆・枝豆・豆腐でハッピー》

  医師の熱い想い

 

第四章糖質制限食の実践

  食事改善は重続して楽しもう

 「硬い肉を柔らかく焼く方法」

  糖質制限食の献立の展開

  低糖質パンの利用

  外食の選び方

 

第五章これからの糖質制限

  プロテイン療法

  腸内環境を整えて免疫力アップ

  気持ちの持ち方

  最後に

+++++

プロフィール

監修

医師 荒木 裕(あらき ひろし)

1962年 京都大学医学部卒

1967年 京都大学医学部大学院卒

1968年 大阪北野病院勤務

1971年 アメリカハーバード大学付属小児科脳神経外科研修医

1973年 アメリカハーバード大学医学部臨床栄養学部准教授

1976年 アメリカ国立公衆衛生研究(NIH)客員研究員

1977年 アメリカサウスカロライナ大学医学部勤務

1983年 崇高クリニック開設

〈著書〉

『新!断糖宣言』『インスリンも薬もやめられた!すごい糖尿病治療」『肉食健康ダイエット』『薬もインスリンもやめられた!新しい糖尿病治療』『肉食ダイエット』『「うつ」は炭水化物をやめれば薬なしでよくなる』『ガンを自宅の食事で治す法』

 

監修

医師 万波 誠(まんなみ まこと)

岡山県出身山口大学医学部卒業

1970年 愛媛県宇和島市立病院 勤務

1975年 アメリカ合衆国ウィスコンシン大学留学

インドネシア出身のオランダ人外科医ベルツァーの元で腎臓移植を学び、その後日本に帰国

1977年 宇和島市立病院にて初の腎臓移植手術を行う

2004年 宇和島徳洲会病院 泌尿器科部長

腎移臓移植件数は通算1000件を超え、ギネスブックの大記録を打ち立てる

 

 

 

著者

メディカルダイエットカウンセラースクール代表 管理栄養士

高野富久美

愛媛県宇和島市生まれ。

愛媛大学医学部付属病院勤務6年間、

腎臓移植で有名な民間病院勤務13年間を経て、

年間の延べ約2600名の患者様の食事相談を実施する。

すでに15年前から「糖質制限食」 を広めている糖質制限元祖管理栄養士。

糖尿病で苦しむ方を無くす活動に使命を燃やし、現在はメディカルダイエットカウンセラーとして全国の皆さんへ食事と心の持ち方が健康に繋がるアドバイスのスクールや個人食事相談を実施している。

 

 

 

『あなたにも続けられる糖質制限』

メディカルダイエットカウンセラースクール代表 管理栄養士 高野富久美 著 

紙の本は本日発売です!

すでに発売中の電子書籍はこちら。

JUGEMテーマ:電子書籍

JUGEMテーマ:本の紹介

JUGEMテーマ:仕事のこと

JUGEMテーマ:オススメの本

JUGEMテーマ:健康

JUGEMテーマ:ダイエット

2020.06.03 Wednesday 07:13 | comments(0) | - | 

出版の夢は叶います!(読者と著者の夢を叶える出版舎 夢叶舎)

[ Top page ]

出版の夢は叶います!

「出版するなら、著者印税をもらいたい!」
「自分の本が、ずっと売れ続けてほしい!」
「何冊売れるかわからないので、初期投資はできるだけ避けたい!」
それは、ほとんどの著者が、出版に期待していることです。
けれども、現実はちょっと違っていました。

出版の現実

■出版社は売れる本しか「商業出版」しません。

■自費出版をするのが嫌なので「商業出版できる人になるための塾」に通う人も増えています。

■印税をもらう「商業出版」をするために誰かに大金を払ったり、自分の本を大量に買い取ったり、もらった印税を本の広告費(販売促進)に使うのが当たり前になっています。

■たとえ「商業出版」が実現しても売れない本はすぐに絶版になり、買えなくなります。

実際にいわゆる「商業出版」でベストセラー作家として成功している人も、もちろんいらっしゃいますし、経営者は経費で出版すれば、売上がアップすることも事実です。

けれども、そんなにがんばらなくても、印税をもらえる出版が可能です。

リスクのない出版が可能になりました!

このたび、出版事業者としてamazonと直契約をすることで、リスク回避ができました!

印刷費、製本費などの初期投資はゼロ。買い取りや絶版の心配もいりません。

どれだけ売れても、本が売り切れることはないので、印税はずっとあなたのものです。

amazonへの流通は無料でできますので、全国どこからでも24時間いつでも本を買ってもらうことができます。

全国の書店への流通はご相談ください。

また、出版業界で30年、売れる本を企画、編集し続けてきた経験から、販売促進を全力でバックアップいたします。

 

 

あなたの本をリスクなく出版することができます。
もちろん、印税もお支払いします。

印刷費、製本費、流通費、発送費はゼロ。
売り切れ、売れ残り、絶版などのリスクはありません。

通常の商業出版では、本が売れないとすぐに絶版になってしまいますし、売れすぎると売り切れてしまいます。
売り切れてしまうと、増刷してくれるとは限りません。

また、自費出版では、印刷費、製本費はもちろん、amazonへの流通費や、本が売れたときに注文者へ発送する送料までかかります。
そして本が売り切れてしまうと、印刷費、製本費をまた著者が負担しなければなりません。

けれども、このサービスなら、どれだけ売れても、本が売り切れることはないので、著者様はずっと印税をもらい続けることができます。
印刷費などの負担がないので、何冊売れるか予測できなくても、気軽に出版することができます。

なぜそんなことが可能なのでしょうか?
それは、出版社として、amazonと直契約をしているからです。(現在、著者とamazonの直契約はできません)
本の印刷費、製本費、流通費、発送費はすべてamazonが負担してくれるシステムなのです。

□ 売れる本を作るノウハウを知り尽くした、キャリアのあるプロの編集者が本を作ります。
□ 表紙は、売れる本の表紙を知り尽くしたデザイナーが作ります。美しいだけの装幀ではありません。

ですから、質の低い本や売れない本には、どう考えてもなりにくいのです。

どうかご安心ください。

 

 

プロフィール

 

小林真美プロフィール写真

小林真美


なんでも屋ではなく【心を掴む表現者】でありたい。
仕事はラブレターを書くように、ひとつひとつ丁寧に、心をこめて。

 

略歴

京都生まれ。
関西大学2部(社会学部マスコミュニケーション学科)卒業。

通販会社出版部時代に編集したエッセイ集は、
同シリーズ史上(10年間)最高の売り上げを記録し、増刷。

制作会社では月刊料理本を編集・執筆。
写真加工、パッケージデザインも経験。

2001年1月独立後は、情報誌の取材・コピー・デザインをはじめ、
会社案内、カタログ制作、ロゴデザイン、イラスト、書籍の編集、装丁、DTPも手がける。

生い立ち

生まれたての頃

同時期に生まれた赤ちゃんのなかで一番大きな声で泣いていたそうで、ミルクは誰よりも先に与えられた。

幼稚園の頃

ノートに物語を書きためていた。
友だちとは、リカちゃん人形などでよく遊んだ。
家具から家具へ紐をわたし、箱をロープウェイにして人形を乗せて動かすなど、部屋中を使っていた。

小学校低学年の頃

元俳優の父に朗読を鍛えられたためか、国語の時間には先生に【(本読みが)たいへんよくできました】のハンコをたくさんもらっていた。

小学校中〜高学年の頃

休み時間は男の子とばかり遊んでいた。
いじめられていた女の子や、番長だった男の子とも、なぜか仲がよかった。

あだなは「おばこ」(おばさんと、名前のこばやしをかけた?)。

お楽しみ会では、脚本を書いて、友人と演じた。
いじめについての風刺劇は大好評。
その後、そのクラスでいじめはなくなった。

中学〜高校生の頃

受験勉強をして私立の女子校に入った。

クソマジメだったので、放課後に商店街で先生に会っても「早く帰れよ」ですまされた。

コーラス部に所属。

夜間大学時代

夜間大学に通いながら、昼間はコピーライターのアシスタントをしていた。

通販会社のカタログコピーが、一発OKになったことから、その会社をめざすことに。

演劇研究部に所属。

職歴

通販会社出版部時代

白いノート1冊を完成させる『自分カタログ』や、商品企画、面接などの試験を経て、無事入社、出版部に配属された。

各種カタログのほか、エッセイ集を約3年間編集。出産のため退社。

制作会社時代

離婚後、子どもを保育所に預け、制作会社に契約社員として入社。

電子レンジの料理本を編集。料理本がWEBに移行し、契約が切れ、退社。

デザイン会社が経営していたデザインスクールで、パソコン(Mac)によるデザイン技術を習得。

フォトグラファーの事務所で、パッケージデザインを手伝った経験も。

2001年 フリーに

フリーになってからは、パンフレット、会社案内の制作、情報誌の取材、コピーライティングなどが仕事の中心だったが、2009年以降、本の仕事が急増。
毎年、約10冊以上の制作に携わる。

 

2016年 読者と著者の夢を叶える出版舎 夢叶舎としてアマゾン直出版事業を開始

2016年から、世界一の出版社であり書店でもあるアマゾンから、直接出版する方法を伝え始める。

他社のように利益を9割取るのではなく、すべての印税をアマゾンから作家様、著者様に直接受け取っていただく。

文章の編集はもちろん、表紙のデザイン(装幀)や本文のデザイン(DTP)まで手伝い、プロとしての提案、コンサルもおこなう。

出版のためにかかる費用は一文字2円から4円程度の編集費用などの制作費のみで、本が売れた際のマージンは受け取らない。

また印刷費用はアマゾンがたてかえてくれるため、著者負担がない。

買い取りの必要もなく、本がほしいときは、印刷費用のみで1冊から買い取れる。

 

事業内容

夢叶舎/編集室レターズ
2001年1月設立、2016年アマゾン直出版事業開始

代表:小林真美

事業内容:出版物の企画、編集、デザイン

◆今までに関わった主な書籍

 

 

気になることがあれば、お気軽にお問い合わせください。

納得のいくまで打ち合わせをしてから、お見積もりということになります。
絵本や写真集、短編の電子書籍は3万円から、紙の本は5万円から出版できます。

お問い合わせは、下記までメールでお願いします。

kobayasimami99 gmail.com

99とgmailの間の空白に@(半角)をいれてください。(スパム防止です)

 

小林真美のフェイスブック

 

 

小林真美のアカウントは5000人満杯なことが多いので、できれば下記の

Mami Muku Kobayashi のアカウントから友達申請してください。

 

以下のフェイスブックページからのお問い合わせもできます。

 

 

 

ツイッターはこちら

ラインはこちら

インスタグラムはこちら

 

 

 

JUGEMテーマ:電子書籍出版

JUGEMテーマ:一人出版社

 

 

 

 

JUGEMテーマ:電子書籍

JUGEMテーマ:小説/詩

JUGEMテーマ:経営

JUGEMテーマ:画集

JUGEMテーマ:子育て日記

JUGEMテーマ:介護

JUGEMテーマ:エッセイ

JUGEMテーマ:本の紹介

JUGEMテーマ:仕事のこと

JUGEMテーマ:オススメの本

JUGEMテーマ:思想・啓発・哲学

JUGEMテーマ:育児

JUGEMテーマ:絵本紹介

JUGEMテーマ:癒される写真集

JUGEMテーマ:創作童話

 

2020.05.13 Wednesday 14:21 | comments(0) | - | 

恋愛下手 (恋愛小説シリーズ)こんのまさき 著 電子書籍で発売!

恋愛下手 (恋愛小説シリーズ)こんのまさき 著  電子書籍で発売!

プロローグ

 

これは私自身のノンフィクションである。

私はバツイチ子持ち。

母娘ふたりで仲良く暮らしている。

娘は成人しているが、今は将来店を出す夢を見ながら、飲食店でアルバイト中。

 

私は、ジュエリー会社の展示会集客を仕事にしている。

収入は、同年代のOLさんくらいか。

投資もいくつかしていて、今はお金に困ってはいない。

 

が、離婚した当時は2歳の娘を抱えて、お先真っ暗だった頃もあった。

元旦那とは恋愛結婚で、10年はうまくいっていた。

子どもに厳しい人で私とは教育方針が全く合わず、別れたのだった。

 

そんな頃、仕事先で出会ったデザイナーと付き合い始めた。

一緒に仕事もしていたが、3年目くらいから、その人の会社がおかしくなり始めた。

給料が出なくなったから、お金を貸してほしいと言われた。

何度か貸したが、一度も返ってくることはなかった。

幼い子を抱えている私が、彼を経済的に支えるのは無理だった。

そして、私のほうから別れを告げた。

 

それから何年も、私はひとりで子どもを育ててきた。

男性に惹かれることもなく、前だけを向いて仕事だけをしてきた。

特に我慢をしていたわけでもなく、男性をそんな目で見ることがなかった。

娘には今でも

「中学のときのお弁当のおかずが、冷凍食品ばっかりで恥ずかしかった」

とグチを言われるくらい、仕事に没頭していた。

 

私は社交的で、異業種交流会や名刺交換会などに誘われると、積極的に行って誰とでもすぐに話ができるタイプ。

 

2年前、経営者の学びの会で知り合った「彼」とは、正反対の性格だった。

毎週のように会ってはいたが、最低限必要なことだけを話していた。

そんな彼も、私と似ている部分はあった。

それは、恋愛が上手ではないこと……

 

彼は年齢の割に若く見えたし、顔も綺麗で、男にしておくのはもったいないくらいだった。色白で目が大きく、童顔で肌もきれい。

モテそうなタイプなのだが、なぜか一度も結婚をしていないという。

そうだ、きっと恋愛が上手じゃないんだろう。

クソ真面目で不器用……そんな風に私には見えた。

 

 

---もくじ---

 

プロローグ

不倫

秘密

遊戯

約束

指輪

喧嘩

強姦

疑念

最後

暴力

誠意

エピローグ

 

恋愛下手 (恋愛小説シリーズ)こんのまさき 著  電子書籍で発売!

 

JUGEMテーマ:小説/詩

JUGEMテーマ:子育て日記

JUGEMテーマ:エッセイ

JUGEMテーマ:本の紹介

JUGEMテーマ:電子書籍

JUGEMテーマ:仕事のこと

JUGEMテーマ:オススメの本

JUGEMテーマ:育児

JUGEMテーマ:創作童話

 

2020.04.19 Sunday 10:39 | comments(0) | - | 
 | 1 / 129 PAGES | >>
お弁当に! パーティに! ! おいしく簡単ロール寿司キット
私が装丁・イラスト・DTPを全頁担当した本/本文3色、イラスト多数 ■在庫がないとき、中古本の値段が上がっているときは、コチラから定価で買えます。大量注文もコチラからどうぞ。2011年4月第6刷、2012年12月現在第7刷! http://bit.ly/cnDE33

私がレシピ本の企画・編集・DTPを全ページ担当。どんぶり物からメインのおかず、デザートまで、これひとつで作ることができます。冷蔵庫・冷凍庫に入れやすく、2個並べて同時加熱もできるコンパクトサイズ。電気オーブン・電子レンジ・食器洗浄機使用可。カロリーや加熱時間が一目でわかるレシピはたっぷり62ページ。amazonで売り切れているときは楽天から → http://bit.ly/jc7GB1  楽天も売り切れているときはコチラ→http://bookweb.kinokuniya.co.jp/ htm/4860102932.html

私が装丁・DTP・イラスト(図)・編集を全ページ担当。『日経ヘルス3月号』に掲載されたダイエット漢方体操は医師が考えた体操ですが、この先生の著書がこの本です。理論と実践にわかれていて、表からは理論編で図入りのタテ書き、裏表紙からは実践編で写真満載のヨコ書き、と意外なレイアウトになっています。

SSL標準装備の無料メールフォーム作成・管理ツール | フォームメーラー お弁当に! パーティに! ! おいしく簡単ロール寿司キット
最新刊
Mami Kobayashi

バナーを作成